すっきりフルーツ青汁がダイエット目的の人勧められない理由は?

すっきりフルーツ青汁

美味しくて飲みやすいすっきりフルーツ青汁は、健康や美容に気を遣いながらダイエットしたいという女性に人気ですね。

でも、すっきりフルーツ青汁はダイエット目的の人にはあまりおすすめできません。

口コミで「痩せる」と評判のすっきりフルーツ青汁が、ダイエット向きではない理由を4つにまとめました。

1.ダイエットに効果的な成分が少ない!

ダイエット

原材料名は配合量が多いものから順に記載するようになっています。

すっきりフルーツ青汁の原材料をチェックすると、なんと筆頭にきているのは還元麦芽糖水飴。

これはダイエットの有効成分ではなく、青汁を飲みやすくするための甘味料です。

還元麦芽糖は砂糖の代わりに使われるもので、砂糖よりカロリーが低く、しかも甘みを感じやすいという特徴があります。

そのため、すっきりフルーツ青汁の1袋あたりのカロリーは11.66kcalと低め。

すっきりフルーツ青汁を1日1杯飲むせいで太るということはありませんが、筆頭にダイエット成分ではなく甘味料が書かれているものはダイエット向きとは言えませんよね・・・。

ダイエット効果を期待するのであれば、原材料名の頭から3つ目くらいまではダイエットに有効な成分が配合されているサプリメントを選びたいところです。

2.快便の人は痩せない!?

快便

すっきりフルーツ青汁に配合されている成分を見てみると、大麦若葉や明日葉など、便秘解消効果の高い野菜が並びます。

そのため、すっきりフルーツ青汁を飲めば腸内環境が整って便秘が解消される可能性が高いです。

便秘が解消されて宿便がなくなれば、1~2k程度減ることも多いので、便秘がちな女性はダイエットに成功した!と感じるかもしれません。

しかし、便秘解消効果によるダイエット効果を実感できるのは便秘の人限定です。

また、宿便が減って体重が一時的に減ってもそれ以上体重を減らすのは難しいことから、本当の意味で「痩せた」とはいえません。

脂肪が減って痩せているわけでもないので、サイズダウンできるのは宿便がたまっていた下っ腹のみ。

ボディラインを整えたいと思ったら、便秘解消効果以外のダイエット成分が配合されているものを選ぶべきです。

3.脂肪を落とすのは難しい!?

脂肪

食事制限だけのダイエットで、体重は減ったけど、見た目が綺麗に痩せなかったなんて経験はありませんか?

それは体重が落ちた時に、脂肪ではなく筋肉が落ちているから。

脂肪を落とそうと思ったら、基礎代謝をあげて消費カロリーを増やすのが効果的です。

脂肪燃焼効率UPをサポートしてくれる成分には、ギムネマやコレウスフォルスコリといったものが挙げられます。

しかし、すっきりフルーツ青汁には燃焼効果のある成分は配合されていません。

すっきりフルーツ青汁で野菜不足は補うことができても、脂肪を燃焼させるような効果は期待できないということです。

4.リバウンドしやすい!

リバウンド

すっきりフルーツ青汁の公式サイトで紹介されているダイエット方法は、食事の置き換えによるものです。

たしかに、いつも食べているメニューをすっきりフルーツ青汁に置き換えれば大幅に摂取カロリーが減らせます。

摂取カロリーが減れば一時的に体重を減らすことはできるでしょう。

しかし、置き換えの食の生活をいつまで続けることができますか?

置き換え食のデメリットは、普段通りの食事内容に戻した時にリバウンドしやすいということです。

身体がほんの少しのカロリーで満足するようになってしまうため、食べ物の吸収率が良くなってしまいます。

そのため、理想通りの体重になったからと普段通りの食事に戻すと、ダイエット前よりも太ってしまうなんてケースは多いのです。

まとめ

まとめ

すっきりフルーツ青汁は、青汁の「飲みにくい味」といったイメージを覆す美味しい青汁です。

しかし、その理由は甘味料をたっぷり使用しているから。

いくら飲みやすくするためとはいえ、ダイエット成分よりも甘味料の方が多く入っているダイエット飲料で痩せるとは思えませんよね。

食生活の乱れや野菜嫌いの人の栄養補給目的にはおすすめですが、本気でダイエットしたいという方にはおすすめできません。

title:『すっきりフルーツ青汁がダイエット目的の人勧められない理由は?』
参考:すっきりフルーツ青汁